工法紹介

軽量小型の専用マシンを使用した多目的基礎杭工法
セメントミルク根固め中掘り杭工法

SPACE21工法

協会HPを全面リニューアルしました。

工法紹介

Introduction

空頭制限や狭隘地等により、
一般的な杭打機での施工が
難しく頭を悩ませていませんか?

SPACE21工法(スペース工法)は、困難な条件下での施工が
得意な既製杭中掘り工法です。

① 空頭制限下での施工性が優れています。

杭打機のリーダーが不要であり、桁下等の制限高に応じた長さに分割した杭を継ぐことで施工できます。

② 狭隘地にも柔軟に対応できます。

機械機器を現場条件にあわせて配置することで、狭隘な施工ヤードにも対応できます。

③ 掘削底に施工機を吊降しできます。

施工基面を掘削底とすることで、有効空間高を大きくでき、効率的に施工することができます。

④ 施工機は定規上を容易に移動できます。

敷設した定規上であれば、マシンに装着している車輪によりクレーン不要で移動できます。

⑤ 施工機は最小限の離間で設置が可能です。

カウンターウエイト等が不要で既設構造物との離間は最小限施工が可能です。

⑥ 仮設桟橋などの施工費が抑制できます。

施工機が軽量小型であるため仮設桟橋等に使用する部材が小さくできます。

⑦ 人と環境にやさしい工法です。

施工機は油圧駆動であり、低騒音低振動・低騒音で環境にやさしく、近接施工にも有利です。

⑧ 豊富な施工実績があります。

北は北海道から南は九州まで、国土交通省・各都道府 県・NEXCO各社をはじめ、これまでに440件以上の施工実績があります。